期間工は底辺の仕事でも【成り上がり】も可能な理由について期間工歴5年の経験から解説します。

「はい」期間工は底辺がたどり着く仕事です。
が、期間工の仕事内容(工場の仕事)が底辺ということではありません。

期間工にたどり着く時点で控えめに言って底辺ですが、私のような「学歴」や「職歴」、「スキル」がない人間でも期間工なら普通にめっちゃ稼ぐことができます。

papagori
年収400万なんて普通のサラリーマンだと何年かかることか。

期間工は半年も経てば満了金といったボーナスももらうことができますし、入社祝い金といった制度もあるため、短期間で稼ぐことができます。
※ライン作業となるので体が覚えてしまえばこっちのモンです。

また、規則正しい時間で生活するようになり、自然と増える自分の時間を有意義に活用して(例えば)IT業界に転職といった期間工という底辺からの脱出も可能となってきます。

本記事の内容
  • 期間工は底辺の仕事なのか。
  • 期間工にたどり着く時点で底辺。
  • 期間工から成り上がることも可能。

何度も言いますが、期間工の仕事内容が底辺ということはありません。

入社祝い金案件や安定した収入も期待できるため、この機会に求人情報は要チェックした方が良いかもしれません。
\ プラスα入社祝い金がサイトからもらえる!? /

期間工は底辺の仕事なのか。

期間工は底辺の仕事なのかというと普通にそうだと思います。
普通の人?であれば学校を出て就職したらそのまま働くことが多いですし、転職するとなってもわざわざ期間工を選ぶことはしません。

期間工が選択肢となる人はこんな人が多いです。

期間工を選ぶ理由
  1. 借金返済のため。
  2. 地元に求人が少ない。
  3. 学歴や職歴がなくても稼げるらしい。

2番目は仕方がない部分はあると思いますが、まともに過ごしていれば期間工は選択肢になりません。
私も期間工を知ったのはお金に困ってハローワークに行くようになってからでした。

そして期間工として入社してくる人のほとんどはお金が。。。という底辺な理由が大半です
その時点で底辺だと言えますよね。
ただ、底辺と言っても期間工で働けることができれば確実に給料は良いですし、生活も規則正しくなります。
数ヶ月後には借金どころか貯金することだって可能です。

中には入社祝い金といった飛び道具も存在するので、期間工情報はチェックするだけでも価値があると思いませんか?

工場の仕事は底辺の仕事ではない!!

期間工は底辺の仕事だと思いますが、期間工がやっている工場の仕事(ライン作業など)は、底辺の仕事ではありません。

工場の仕事
  • 検査
  • 組み立て

実際に工場で働く人が知り合いにも何人かいますが、普通に幸福度は高いです。
期間工にたどり着くことが底辺だということは覚えておきましょう。
※たまに偉そうな期間工を目にしますが、マジで恥ずかしいし笑われてますw




同じ作業の繰り返しなんて。。。って思っている人も多いかと思います。
やってみたら分かりますが、正直結構キツいです。
覚えてしまうと簡単という部分があるので勘違いしてしまう人や当たり前すぎてなんとも思っていない人も多いですが。

一応誰でもできるように考えられているし、その作業以外のことは何も考えなくても良いようになっていますが、覚えるまでが意外と大変だったりします。
その分、給料も良いので自分は同じ作業の繰り返しなんて無理だって思っている人も慣れてくると何とも思わなくなります。

期間工にたどり着く時点で底辺感はあります。

期間工は底辺だと言われる理由として、期間工の募集には底辺の心をくすぐる、いかにものキーワードにあります。

底辺を魅了するキーワード
  • 高収入
  • 学歴不問
  • 入社祝い金
  • 満了金(ボーナス)

事実、私自身も求人の月給の多さと満了金というところに惹かれました。

とにかく、学歴も職歴もない人間があの金額を求人票で見たら他に選択肢はありません。
【工場ワークス】など、専門サイトを利用した場合、これに入社祝い金なので、救われる人も多いのではないでしょうか。
また、ほとんどの工場は寮を完備しているので、住む場所も担保されます。
※給料天引きなので、家賃が。。。。なんて心配もありません。

というように食いつきやすいキーワードに溢れていますので、金銭的に困っているなどあれば、一度確かめてみてはいかがでしょうか。

仕事はきついですが、やはり給料は抜群です。

期間工からの成り上がりも可能。

つい数ヶ月前までは地獄のような生活でも半年も過ぎて満了金をもらえる頃には生活が安定してくるため、自由に使えるお金や自由な時間がだんだん増えてきます。

間違えたくないのは、期間工という仕事はずっと続けられる仕事ではないということは覚えておいてください。
毎日当たり前に流れてくる部品と当たり前にもらえる給料や満了金になんの疑問も感じなくなりますが、約3年後には一旦、退職する必要があります。

papagori
要するにまた別の期間工に転職する必要があるということです。

ここまで期間工を経験すると高めの給料とその生活に慣れてしまってなかなか転職への一歩を踏み出すのが難しいのも現実です。

そんな期間工ですが、自分のために使えるお金や時間ができるため、かなり有意義な時間を過ごすことができます。

期間工のメリット
  • 高い給料
  • 長期の大型連休
  • 徹底された就業時間

徹底された就業規則や工場特有の長期連休など、時間やお金の自由度が高いと言えます。
そんな時間やお金を自分のために使用して期間工から別業種への転職といったことも可能です。
私自身も期間工からインフラエンジニアへの転職をすることができ、期間工時代とは全然違う生活を過ごしております。

正直、ゾンビのごとく、どん底だった期間工入社前から考えるとかなり充実した生活を過ごしています。
期間工という底辺にたどり着いたからこそ得ることできた転職とも思っています。

特に夜勤明けの時間は、娯楽施設も空いていない時間なので、散財する心配はほぼありません。
※課金は年中無休ですが。

そんな時間を有意義に使えるという意味でも期間工という底辺を利用する価値は十分にアリだと思います。

転職には努力が必要です。

期間工ループという泥沼みたいな現象があります。
そんな期間工ループについては、一時期ハマりかけた経験をもとにこちらにてまとめておりますので、参考にしてみてください。

簡単にいうとまた「期間工」になるということです。
ここ数年で正社員を増やす目的?で退社後に期間を開けない出戻りができないという何とも微妙な法律ができたとかで、出戻りがしにくいのが現状です。

この何も考えないで脳死レベルの状態で期間工を繰り返しているとそれになれてくるので、転職への一歩がどんどん重くなっていきます。

また、期間工での時間も有意義に使用しないと当たり前ですが、転職なんてできません。
ちなみに言っておくと、期間工(工場)で身につけたスキルは、工場に転職しない限りほぼ役に立ちません。

自分が目指すものがあれば、それに向けた勉強やお金はある程度必要です。

特にコロナウイルスの影響で社会自体も変わってきているので、スキルを身につけることができる時間やお金を確保できる期間工は、かなりチャンスです。
常に新しいものが登場するIT業界に遅いことはなく、スマホひとつからでも勉強できるなど始めやすいです。

期間工からの転職活動について

そして、転職についてはとにかく一歩を踏み出すことが「超重要」です。
求人票をみるところから積極的に行動するように意識することを心掛けていきましょう。
自分の足で職案に行くことをおすすめしますが、腰が重い人は、スマホでいつでも確認できる転職サイトへの登録はしておくと良いと思います。

まずは無料会員登録

私自身も期間工の出戻りを経験していますが、2回目の時はかなり早い段階から転職サイトへの登録や月1で職案に足を運ぶなど、早めに行動しました。

とりあえずの転職活動でも動くことは本気でおすすめします。
同じ工場の同じ部署で5年以上在籍していた中で期間工ループしている人とそうでない人の差は明らかでした。

期間工ループしている人
  • 転職活動しない。
  • 特に目標が見当たらない。
  • 正社員になれると思っている。

とりあえず転職活動はしてませんし、会話の中で特に目標があるような素振りもないです。
※ちなみに1度目の期間工満了を迎える寸前の私でもあります。
有休消化の期間を使って探すと口にする人も多いです。

期間工から転職した人
  • 転職活動は早め。
  • 目標を持っている。

脱落してしまう人は、さておき期間工満了までいない人は、稼ぐ目的で来ているため、目的を果たすとスパッと退職していきます。

また、期間工満了を控えている人は、最後の更新後くらいから転職活動は開始しています。
有休消化中になんていうワードは1度も聞いたことがありませんし、有休消化中に遊ぼうと計画してます。

実際に両方経験しましたが、明らかに後者の方が有意義に過ごすことができるのは簡単に想像できると思いますし、期間工が底辺だと思われるのも致し方ありません。
そのためにも、期間工からの転職活動は「早め」の行動をおすすめします。

今回のまとめ

今回は、期間工が底辺の仕事なのかについて見てきました。
入社祝い金や満了金といったワードを全面に押し出している以上、底辺がたどり着く仕事だと思いますし、現に借金返済を目的に期間工にたどり着いた底辺がここにいます。

ひとつ間違えてはならないのが、工場の仕事が底辺の仕事ではないというところです。
普通にキツイです。

期間工は、正社員ではないだけで、給料は良いですし、勤務時間もきっちりしていて長期連休もあります。
そのため、短期的に稼ぐには最適だと言えます。

ただ、期間工は、慣れるとかなり居心地がいいので期間工以外への転職が難しくなりがちです。
長期的に見ると期間工はコスパが悪いというところだけは注意しておきたいですね。

期間工は、底辺からの人生のやり直しをしたい人にはかなりおすすめします。



ABOUT US
goripapa
大学中退で職を転々。借金で絶望状態から工場期間工で正社員の夢を長年追うも撃沈。どん底から自分の好きを仕事にすべく猛勉強と時にはダブルワーク時にはトリプルワークの時を経てIT業界への転職成功し、インフラエンジニアとしての日々を過ごす。 IT業界への転職の際に苦労したことなどを伝えればと思います。