期間工の満了金は税金対象です。辞めた後の税金ラッシュで知る恐ろしい【現実】

期間工の旨味と言えばやはり満了金です。
満了金は震えます。期間工を辞めた後の税金はさらに震えます。(激震

本記事では、私が期間工を辞めた後の税金での失敗談をもとに期間工の満了金について解説します。

本当に満了金は期間工の醍醐味と言えるものだと思います。

\  入社祝い金、満了金がもらえる会社を今すぐチェック  /

期間工の満了金は税金対象。辞めた後の税金に備えよう。

本当に忘れてはいけないのが税金の存在で期間工の満了金も当たり前に税金対象です。
満了金に対して必要な税金は引かれた状態で手元に入りますが、収入が増えるため、翌年の税金額にも影響してきます。

期間工として5年以上働いてきた上で本記事で伝えたいことはたったひとつです。

結論:満了金は全部使うな。できるだけ貯金しとけ。

以上。

期間工の満了金体験記

むやみやたらに満了金を使わない方がいいことは分かっていただけたかと思います。

期間工体験
  1. 満了金で”ワクワク”した話。
  2. 期間工を辞めた後の税金で”崩壊寸前”だった話。
  3. 音もなく押し寄せる税金ラッシュを”回避”するための準備について。

それではさっそく参りましょう。

1. 期間工の満了金は衝撃的だった。

初めて満了金を手にした時の衝撃は今でも忘れません。
(無遅刻無欠勤が報われる瞬間でもあります。その辺りは、別記事で詳しく解説します。

明細がどこかに逝ってしまったため、詳細までは覚えていませんが、月の給料込みで手取り60万近くあったと思います。

今までそんな金額見たことなかったので給与明細を見てニヤニヤしてしまいましたw
その日は一日中このお金で何しようかを考えながら仕事してました。
(結局、借金返済やらで気づいたら無くなっていました。)

これだけの金額を年2回(入社日から計算して)もらえる訳ですから期間工は何か行動を起こすための資金集めとしては最適なのがよくわかります。

初めての満了金は衝撃的でした。

満額なら申し分ないのですが、場合によっては減額なんていう恐ろしいこともあるのが現実です。
コチラについてもきちんと経験済みです。
【実録】期間工の満了金で知った欠勤と遅刻の恐怖。たった一度の遅刻で数万円の大幅減額の仕組みとは。にて詳しく解説しています。

2. 期間工を辞めた後の税金で崩壊寸前

訳あって初めての期間工は契約期間最長の2年11ヶ月よりも前に”有給”と”満了金”を捨てて退社しました。
(このあたりは期間工→正社員についての話も出てくるので別記事でまとめます。)

この退社した時期が年度末だったため、4月~5月の税金の納付書ラッシュ時に見事にニートでした。

しかも前年度の収入がそこそこだったのまぁまぁな金額でした。

満了金を捨ててまで退社したので、満了金をもらったのは退社する3,4ヶ月前だったので余力はほぼなく、やむを得ず滞納するしかないような状態でした。

結局、行政に事情を伝えたら遅れて支払えば大丈夫とのことでしたので甘えさせて頂きました。(若干遅れはしましたがきちんと納付済みです。

この恐怖体験から冒頭の貯めとけの結論に辿り着くことができました。(遅い

3. 期間工を辞めた後の税金ラッシュの回避方法を考える

満了金だけではなく、毎月の給料からきちんと貯金できていれば、いいだけの話ですが。

最低でも最後の満了金は手を付けずにおくと期間工を辞めた後の税金にも対応できるはずです。
(期間工を辞めた後に必要な手続きもありますので、こちらは別記事でまとめていきます。

期間工を辞めた後に必ずやって来る税金
  1. 市民税
  2. 国民年金
  3. 国民健康保険
  4. 自動車税(忘れがち)

税金関連は、ネットで調べれば納付額の計算方法や金額が出てくるのである程度準備することもできるので気になる場合はチェックしておきましょう。

前年度の収入が影響してきます。

ドキドキしないためにもこれらの税金に備えて必ず準備しておきましょう。
特に市民税は期間工を辞めた後々のことを考えるまとめて払っておいたほうが良いです。

最後に

私のように税金の支払い用紙が来てから「ヤバっ」では間に合いません。

冒頭でお伝えした通り、期間工を辞めた後の税金も見越して満了金は貯めておくとよいです。
とはいえ、せっかく頑張ってきたご褒美だからと無駄遣いを言う気持ちもわかります。

ですが、そのお金を活用して勉強したい。など、何かしら理由があって期間工で働いている(働きたいと考えている)と思います。
そのご褒美は、今は不要です。(せめて美味しいものだけでも。。。お許しを。

満了金を活用して勉強することは、ある意味最高のご褒美になります。

必ず。

未経験からIT業界で働く

場所を選ばず仕事ができるエンジニアを目指してまずは無料体験レッスンでフリーランスへの第一歩を踏み出そう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です